ポイントはエアコンと窓、コールドドラフト現象とは

この投稿をシェア

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館」です。

今回は、コールドドラフト現象について解説いたします。

コールドドラフト現象、聞いたことはありますか?

言葉自体はご存じなくても、もしかしたら体験したことはあるかもしれません。

たとえば暖房の温度設定のわりに部屋が寒い、隙間風を感じる、足元が冷える、など… それはコールドドラフト現象かもしれません。

コールドドラフト現象とは

現代の気密性の高い住宅では、窓をしっかり閉めていれば、隙間風が入ってくることはあまりありません。

しかし、暖房を入れていても、スースーと足元に冷たい風を感じたことはありますか? または就寝時に顔に冷たい風を感じたりなど… それがコールドドラフト現象です。

その原因は実にシンプルで、エアコンの風が冷たい窓に当たり、急速に冷やされていることです。 低温の空気は部屋の低い位置に流れていく性質があるため、足元などに冷たい風を感じることになります。

つまり、暖房器具で部屋の空気を動かすほど、部屋が冷えていくことになるのです。

コールドドラフト現象の対策

寒い季節に暖房を使っているのに部屋が寒い、、、困ってしまいますね。

ではその対策をご紹介します。

①窓を冷やさない

寒さ対策として、窓枠の気密性を強化するケースがよくありますが、それでは解決することができません。

エアコンの風が当たるガラス面が冷えない工夫が必要です。

断熱効果の高いガラスに差し替えたり、二重サッシを取り付けることで大幅に改善されることでしょう。

そういったリフォームができない場合、応急処置として、断熱性の高いシートを貼り付ける方法があります。

見た目が悪くなりますが、透過性のある薄めのシートなら日光も通すため、窓の機能を確保しつつ効果を発揮します。

②エアコンと窓の位置関係

エアコンから出る暖かい風を窓に直接当てない工夫が必要です。 エアコン正面に窓がこないように、位置関係を考えましょう。

配置が動かせない場合は、エアコンと窓の間にボードや布を吊り、風の方向を変化させ対処します。

③冷えた空気を室内にいれない

窓で冷えた空気が、室内に流れ込むことを防ぐ必要があります。

厚手のカーテンを床面ギリギリまで吊り、上部にもカバーをつけましょう。

窓とカーテンの間にしっかりと空気の層を作ることで、室内の温度を維持することができるでしょう。

このような工夫でコールドドラフト現象は改善できます。解決すれば光熱費も抑えられ家計の負担が減り足元も暖かくなります。

寒さを感じる方はエアコンと窓の位置の確認してみてはいかがでしょうか。

おうちさがし専門館では、ご購入、リフォームついてのご相談も承っております。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

リノベに関する情報

猫と暮らす快適空間

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館/サワキタ不動産」です。 本日は、猫を飼っている、もしくは将来猫を家族に迎え入れたいとお考えの皆さまのお役に立てる情報です。

不動産に関する情報

不動産取引のオンライン化は進むのか?

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館」です。 本日は不動産取引におけるオンライン化についてお話しいたします。 重要事項説明って何をすること? その名の通り取引に

Do You Want To Boost Your Life?

会員登録はこちら

Compare listings

比較