住宅の建て方について

この投稿をシェア

住宅の建て方(建築工法)は以下に示したようないろいろな種類があります。
木造軸組工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、ログハウス
などがあります。
個人用住宅では、木造軸組構法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法がよく使われています。

この中で、プレハブ工法とはPreFablicationの略で、工場で事前に建材等を加工し、現地では組み立てるだけにするというものが元々の定義です。しかし、いまや木造軸組工法でもツーバイフォー工法でも、工場(こうじょうと呼ぶよりこうばと言ったほうがシックリくる程度の小さな工場を含みます)で事前に加工しておくというのは常識化していますので、同列に並べるには無理があるようになってきました。

今回はプレハブ以外によく耳にする木造軸組工法とツーバイフォー工法の
うち、木造軸組構法のメリットとデメリットをご紹介いたします。

木造軸組工法(在来工法)
一般には在来工法と呼ばれる場合が多いです。
 木造:材料は木材ですね。
 軸組:柱があります。
つまり、土台の上に柱を立て、梁を柱間に渡し、屋根を設置し、壁を作ることで家を立てます。
一般の人が家を建てると聞いたら、この建て方を思い浮かべると思います。

基本構造は柱(垂直方向)と梁(水平方向)です。つまり長方形ですから、横からの力に弱いという性質を持ちます。

なので、地震が非常に多いという日本の風土に対応するには、筋交いが必要となります。筋交いは壁の中に設置されるため、外部からは見えません。中古住宅で増改築があった場合、筋交いが断ち切られているケースがTV番組などで報道されていますが、そのような物件は決して多くはありません(ゼロではないので注意は必要です)。

木造軸組構法は、在来工法とも呼ばれ日本では古くからこの工法で建築されています。そのメリットとしては、設計の自由度が高く、とりわけ窓が大きく取れること。

掃き出し窓のような大きな窓は、海外の木造建築ではあまり見られません。湿度の高い日本に特徴的な住宅設備です。近年、エアコンを使う機会が非常に大きくなっていますので、メリットとして見られないケースも出てきましたが、依然として大きな掃き出し窓が作れるというのは、木造軸組構法のメリットです。

木造軸組構法では、土台・通し柱と管柱・梁 と筋交い・火打ちなどで構成されます。前述のとおりレイアウトの自由度は比較的高い工法です。後の増改築も容易にできます。
外壁材料はどんなものでも可能で、極めて自由度が高い。 屋根形状も自由にできます。

在来工法と呼ばれるように、古くからある工法のため、法律がもとめる基準を超えていれば、施工側にもかなりの自由度があります。言い方を変えると大工と工務店の熟練度に左右されやる部分が多大にあったのですが、近年は木造軸組工法自体のプレハブ化が進んでおり、工事現場の力量に左右されなくなりつつあります。

まとめ

木造軸組構法のメリット

  • レイアウトの自由度が高い
  • 開放的な窓を作れる
  • 在来工法であるため、施工できる会社が多い
  • 増改築が容易

木造軸組構法のデメリット

  • 木造軸組構法のデメリット
  • 工務店の力量に左右される部分がある
  • 古い中古住宅では、施工が十分ではない場合がある。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

リノベに関する情報

猫と暮らす快適空間

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館/サワキタ不動産」です。 本日は、猫を飼っている、もしくは将来猫を家族に迎え入れたいとお考えの皆さまのお役に立てる情報です。

不動産に関する情報

不動産取引のオンライン化は進むのか?

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館」です。 本日は不動産取引におけるオンライン化についてお話しいたします。 重要事項説明って何をすること? その名の通り取引に

Do You Want To Boost Your Life?

会員登録はこちら

Compare listings

比較