瓦葺とかわらぶきの違いって何?

この投稿をシェア

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館」です。

今回は登記簿の表記についてお話しします。

漢字と平仮名で違うの?

不動産の登記記録(登記簿)に、「構造:木造瓦葺」と記載された建物と「構造:木造かわらぶき」と記載される建物があります。

「瓦葺」の部分が、漢字か平仮名か、、、何か違いがあるのかご存知ですか?

答えは平成17年

どちらも建物の屋根が瓦であることには変わりないのですが、実はこの違いは単なる表記方法の違いではないのです。

不動産の登記記録の記載方法は、「不動産登記法」や「不動産登記規則」などで細かく規定されています。

そして、平成17年の法改正の際に、「瓦」や「葺」という漢字は常用漢字ではない、という理由から登記の表記が「かわら」、「ぶき」とするように変更されたのです。

つまり、登記簿を見て「瓦葺」と記載してあれば古い建物、「かわらぶき」となっていれば比較的新しい建物、ということが想像つくようになるのです。

(とは言っても、登記簿には新築年月日がきちんと書いてあるので、そんなところで判断する必要はまったくないのですが。)

それにしても「葺」はなんとなく分かる気もしますが、「瓦」が常用漢字ではないことが驚きでした。

他にも、「取毀し(とりこわし)」という表記が「取壊し」という表記に改められました。

これは登記の際にしか使うことがなさそうなので、仕方ないのかなとも思います。

登記記録(登記簿)は、不動産についての概要を公示することにその意義がありますので、万人にとってわかり易いものである必要があります。

公示はされているが見ても意味がわからないものでは、役に立ちません。時代に合わせた表記の変化というのも必要なのかもしれません。

ただ、表記の調整はできても、権利の状況や意味については、やはり専門知識をもって見ないと理解は難しいかと思います。

購入する際にリスクはないのか、購入した後もきちんと自分の名義に変更できるのか、など見極める必要があります。

実際に不動産を購入する際には、そういった権利状態についても宅地建物取引士から「重要事項説明」として詳細を聞くことになります。

わからない事やご不安な点があれば、お気軽におうちさがし専門館までご相談ください。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

リノベに関する情報

猫と暮らす快適空間

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館/サワキタ不動産」です。 本日は、猫を飼っている、もしくは将来猫を家族に迎え入れたいとお考えの皆さまのお役に立てる情報です。

不動産に関する情報

不動産取引のオンライン化は進むのか?

船橋市・習志野市を中心に千葉県で新築住宅・中古住宅・土地を販売・買取している「おうちさがし専門館」です。 本日は不動産取引におけるオンライン化についてお話しいたします。 重要事項説明って何をすること? その名の通り取引に

Do You Want To Boost Your Life?

会員登録はこちら

Compare listings

比較